プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この世界に入って20年 まだまだ
  これからも修行をして行かなくては・・・と思っております。

 料理の探求には終りがなく 奥が深 いと思っている今日この頃です。

そして お客様に喜んでいただこうと
マジックも探求しています。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年6月 | メイン | 2009年9月 »

2009年7月

2009年7月19日 (日)

こだわりの・・・にんにく




前回の話のつづきなんですが、にんにくsign03
写真は全てにんにくです。。。
それも、すべて同じ素材のにんにくなんですよsign01
色の変化にお気づきだと思いますが。。。

この色が変化することを、前記のにんにく屋さんに質問したところ・・・

「それは、当たり前なんです。ほんのもだからです。」
・・・・???

「でも、ラーメン屋さんのにんにくはどちらかと言うと、白っぽいですよ。」

「あれは~にんにくの他に塩だとか酢だとかを混ぜてるんですよ!
だから、変色しないんです。」

「酷いものだと、防腐剤的な薬品が入っているものまで・・・」

にんにくだけ、すりおろすと色が変化します。
それは酸化によるものなんです、りんごも空気に触れると色がかわるでしょ」
「色の変化は、純のにんにくだという証拠でなんです。」

な~るほど~happy01

ガッテンしました。。。。bleah

(そろそろ、にんにくの醤油漬け(マヌルジャン)を漬けないと・・・・もちろん青森or岩手産のにんにくで)

2009年7月16日 (木)

こだわりの・・・

誰でも「こだわり」というものが
おありでしょう。

ウチも自家製のものや調味料、素材、肉、ホルモン類
etc・・・

細部まで見ると結構こだわりがあります。

先日、ホルモン類を取り扱う業者さんと話す機会があり、その業者さんとウチとは30年以上のお付き合いで、

「最近、パッとしないねぇ~」

「いやぁ~どこもそうだよ、特に焼肉屋さんはピンからキリまで
パッとしてないよ~」

「ところで、もうちょっと安い品物はないの~」
「例えば巷で流行っているマルチョウみたいなやつ」

「あんなものは脂の固まりだよ!ウチはあんな作り物みたいな品物は扱わないんだよぉ~」
「はっきり言って、あんなものは外道だぁ」
「ウチは生のものにこだわってるから

だからこんなにいいハラミが入るんですね
恐れ入りました。。。。


そして、今日は最近取引を始めた岩手のにんにくの業者さんが、わざわざ岩手よりご挨拶にと・・・・

恐縮ですcoldsweats02

ここでもこだわりの話が、

焼肉屋(韓国料理)で絶対に欠かせない物がにんにくsign01
うちの店ではにんにくにもこだわっていきたいと、

まず第一に国産品であること
でも国産品は高いのです。。。「青森産のにんにく」なんて、1個350円~400円sign03
こんな高価なものを提供していたら、焼肉より高くなるので・・・

そこで、前節のにんにく屋さん、こちらもこだわっていらっしゃいました。

まず、有機栽培で無添加、無着色です。

なによりも直接取引で仕入れるので、お値段も安くなり

お客様に安心・安全・安価でご提供することができますし、キムチ類を漬けるのにも、安心して使用できます。

岩手の方曰く「やっぱり、野菜や農作物は有機栽培や無農薬栽培が一番です。」
「でも、それはそれは手間隙がかかるんですよぉ~」
確かにsign03
「しかし、皆さんに安心で安全な物を提供したい。これが私の生き方です。」
すばらしいお言葉

自分も商売ベタですが
お客様によりよい物、より安全な物を、より美味しい物を食べていただく為に、こだわり続けていきた~い。。。。

焼肉の清香園 渋谷店 のサービス一覧

BEST OF MENU
焼肉の清香園 渋谷店